専門科のご案内

SPECIAL

整形外科・神経外科

ORTHOPEDICS

整形外科・神経外科では、骨や関節、腱、靭帯、筋肉といった運動器官に関する疾患を対象に治療にあたります。運動器官に障害がおこると足の跛行(足をひきずる、ケンケンする)や、立ち上がれなくなったり、おしっこを漏らしてしまうようになったりする症状が現れます。症状に応じ必要な検査を実施し、総合的に診断をしていきます。セカンドオピニオンも受け付けていますのでお気軽にご相談ください。

経験豊富な専任のスタッフが対応します。
専門の手術室(クリーンルーム)も完備しております。

実績 PERFORMANCE

整形外科

  • ・人工関節(股関節全置換手術THR)スイスZurich大学によるセメントレス人工関節、小型犬・猫専用の股関節全置換手術 MTHR)
  • ・前十字靱帯手術(最新の理論に基づいた手術)TTA(頸骨粗両前進術)TPLO(頸骨高平部水平骨切断術)LFS(関節外固定)など
  • ・複雑骨折手術(骨折治療理論に基づいた手術方法の選択および、それらに必要な技術を提供できます。)ピンニング(キルシュナーピン)インターロッキングネイル プレート(DCP、ユニロックシステム、ロッキングプレート)外固定(創外固定、イリザノフ、ハイブリッド創外固定)
  • ・膝蓋骨脱臼手術
  • ・関節疾患の外科手術など




神経外科

犬においては椎間板ヘルニアは多い病気の1つです。 特に、軟骨異栄養性犬種(ダックスフント・シーズー・コッカスパニエル・ウエルシュコーギーなど)に好発します。 好発年齢は3~6歳ですが、どの年齢でも起こります。 頸部・胸腰部椎間板ヘルニアにおいて診断にはMRI・CT・脊髄造影によるレントゲン検査といった画像診断になります。 当院におきまして、検査・手術まで随時対応いたします。 回復は術前の脊髄の損傷の程度に依存するといわれています。術前に十分なインフォームドを心掛け自信と責任をもって対応いたします。

頚椎3-4圧迫X線画像

胸椎13〜腰椎1-2圧迫X線画像

圧迫物質

圧迫物質 除去後

症例 CASE

骨折の手術

どのような複雑な骨折もお任せください。(経験と最新の骨折治癒治療理論に基づいた手術方法で対応します)
ロッキングプレート、外固定(創外固定、イリザノフ、ハイブリッド)、ピンニングなど

橈尺骨骨折

橈尺骨骨折AP像

骨盤骨折ALPS

イリザノフ

ピンニング

前十字靭帯手術

股関節にある前十字靭帯は、脛骨が前法に滑ったり、内旋しないようにする働きをしています。これが切れると歩けなくなり、骨関節炎や半月板損傷を起こします。

  • ・TPLO:前十字靭帯断裂に対する手術法です。脛骨高平部の角度を矯正させて膝関節の機能を回復できるようにします。当院におきましては2KG以下の超小型犬から大型犬まで手術実績があります。
  • ・TTA:TPLO手術と同じように、前十字靭帯断裂により膝関節の機能が失われた状態を脛骨稜を骨切して膝関節を安定化して回復させます。当院におきましては、TPLO、TTAを状態に応じて選択し、施術しております。

  • 術後(TPLO)

  • 術後(TPLO)

  • 術後(TTA)

  • 術後(TTA)

膝蓋骨脱臼

膝関節は大腿骨の正面にある滑車溝というくぼみ内に収まり、これを大腿四頭筋、膝蓋靭帯、内外支帯、関節包が支えてスムーズな屈伸運動ができます。この膝蓋骨が脱臼してスムーズな歩行が妨げられたり、痛みを起こしたり、症状が進行すると半月板損傷など膝の機能損失を発生させてしまいます。当院におきましては種々の手術手法を組み合わせ整復させ。再発を予防します。



股関節形成不全

大腿骨頭脱臼、大腿骨頭骨折に対し、種々の方法で整復します。整復が不可能な症例には、別の方法で機能回復を行います。

  • ・THR:THRとは人工関節を表します。実施している動物病院は全国でも数えるほどしかありません。当院では10年以上の実績があります。インプラントの耐用年数が過ぎ、入れ替え症例もあります。大型犬にはセメントを使わないKYON(スイス)、小型犬には MTHR(米国)にて対応しております。
  • ・FHO:人工関節の適応以外に大腿骨頭切除術で機能回復も行なっております。

股関節形成不全

人工股関節全置換術

低侵襲な手術(腹腔鏡手術)

当院では、身体に負担の少ない腹腔鏡による手術を積極的に導入しております。腹腔鏡による手術では、最新のフルデジタルカメラ、シーリング装置を駆使して腹腔内をカメラ画像で鮮明に拡大して臓器にストレスを与えることなく行えます。それにより、傷口は小さく臓器を体外に引っ張りだすこともないので、外気に曝露されず痛みも少なく、早い回復が望めます。


避妊手術(犬、猫)、去勢手術(睾丸が体内に残っている)

当院における多くは腹腔鏡による手術で行なっております。


寺尾赤塚犬猫病院

寺尾赤塚犬猫病院

横浜市鶴見区北寺尾5-6-21
(無料駐車場8台あり)

TEL 045-585-5575

下末吉赤塚犬猫病院

下末吉赤塚犬猫病院

横浜市鶴見区下末吉2-12-3
(無料駐車場4台あり)

TEL 045-582-5575